医療・介護機関と葬儀関連事業者の公正な連携・発展を支援する一般社団法人 日本医葬連携協会

一般社団法人日本医葬連携協会
一般社団法人 日本医葬連携協会 エンゼルリレー

高齢多死社会に対応できる新たな社会的サポートを。

医療技術の進歩や介護制度の発達により、多くの方がエンディングを迎えるまでに何らかの医療・介護のサポートを受けています。しかし、エンディングを担う葬儀関連事業者と、医療・介護機関の連携は図れておらず、様々な問題が発生しています。一般社団法人日本医葬連携協会では医療・介護機関と葬儀関連事業者の公正な連携と発展を生み出し、高齢・多死社会化が進行する我が国において、多くの人々が安心できるエンディングを迎えられる事業に取り組んでいます。

新着情報

医療・介護・葬儀の連携不足が招く問題の解決を目指して

多くの場合、人生のエンディング期には医療・介護機関、そして葬儀社が関わりますが、それらの機関の連携・協力体制がなければ、様々な問題が発生します。

医療・介護・葬儀の連携不足が招く課題

医療患者・家族から亡くなった後の不安や葬儀の事を相談されても積極的に対応できない。責任が持てない。
遺体処置の際に必要な身体の症状、既往歴などを葬儀社に伝えられない。
介護利用者が亡くなった後は情報が入らない。独居者や複雑な事情がある利用者の看取り後が心配。エンディングに関わる個々の事情や希望、心情などをの情報を共有しにくい。
葬儀故人の病歴などがわからず、感染症などへの対策がとりにくい。遺体処置に関わる身体の状況や、家庭の事情、生前の希望なども把握することが難しい。
arrow
医療・介護・葬儀連携

医療・介護・葬儀の連携を目指して様々な活動を展開

一般社団法人 日本医葬連携協会では、医療・介護・葬儀の連携を目指して様々な団体・法人の協力のもと、交流会・研修会の企画運営、講演活動、情報連携制度の展開、各種ビジネスサポートを行っています。
エンゼルリレー
飛楽天(ひらて)の会
経営活性塾
地域終活連携
供養リンク